海外調査

世界を視野に入れた会社運営をするなら海外調査を依頼しよう

日本の人口は今後どんどん減少していくと予想されています。物を販売するビジネスにしても、飲食にしても、サービス業にしても、人口が減少していく場所においてはビジネスを継続していくことはもちろん、販路を拡大していくことも難しくなってきます。そうなると、必然的に日本のみならず海外へ進出をすべきかどうか、販路を拡大出来るかどうかビジネスモデルを考える必要があります。しかし、海外進出は日本国内に新しい店舗を開店させるよりもずっとハードルが高くなってきます。市場調査は国内の市場調査よりも分析が難しくなりますし、海外展開先の法令も熟知していないといけません。事業規模の小さな企業ほど、海外展開出来るかどうか判別が難しい上に、会社規模が小さければ失敗も許されません。

海外調査をすることで、不安要素を取り除く

どのようなビジネスにしろ、新しいことを始める際には不安要因がついて回ります。飲食店にとっては、固定客が付いてくれるかどうか、海外でも日本の店舗の味や営業差いるが受け入れられるかどうか、物販店にしても日本の製品が海外で受け入れられるかどうかの保証が最初からある訳ではありません。そこで、不安な要素をなるべく取り払うためにも、海外調査を行うことは有効です。調査には、市場調査や、海外での法令調査など実際に事業を展開する前に行っておかなければならない調査も多いものです。実際に調査をしていく中で、思いもよらないハードルが出て来るかもしれません。調査前には予想していなかった事態に備えるためにも、事業の海外展開よりも早い段階から海外調査を行っておくようにしましょう。

調査結果から海外の視点を経営に取り入れる

海外調査は国外へ目を向けるばかりが目的ではありません。実は自社のブランド価値に気がついていない企業にとっては、調査結果から自社のブランドを再発見することもあります。特に国内でしか事業展開をしてこなかった企業にとっては、どのように売り込んでいけば良いかも分からない場合があるでしょう。海外に拠点がある調査会社であったり、そもそも外資系の調査会社に調査を依頼すると、自社の社内調査では見えてこなかった結果が出て来ることがあります。また、これから海外へ進出していこうという企業にとって、現地の文化や習慣、法律や競合他社に詳しい調査会社はアドバイザーとして頼もしいものです。調査会を選定する際には、これまでの調査実績はもちろんのこと、海外展開をイメージしている国や地域に精通している調査会社を選定することをおすすめします。