海外調査

海外調査で新たなビジネスチャンスを発掘

日本国内でビジネスをするのと異なり、海外ビジネスをしようと考えている場合は、日本との風土の違いや文化の違いを考えなければなりません。日本でヒット商品があったとしてもそれを海外に持ち込んで売れる保証はありません。そのため、海外で商品を販売したいのであれば、事前に海外調査を行っておく必要があります。海外の市場調査は、専用の業者にお願いをして行うことで、より魅力的な調査をしてくれる可能性が高いでしょう。海外調査を行える業者の特徴は、その国の言葉をしゃべる人とつながっており、しっかりとした実績があることです。少なくともその国のことをよく知っている人でなければ国の実態を知ることはできませんし、実績がなければ本当にしっかりとした調査をしてくれるか不安でしょう。

同様なことを調べることが可能なのか

海外調査と一言に行っても、どのようなことを調べてくれるのかは業者によって異なるところですが、おおむね似たような内容になるでしょう。まず一つ目は、これから販売しようとしている商品の市場規模を調べていきます。市場規模が小さければ、当然ながら販売数も多く見込めませんので、市場規模の大きなところに変更することが必要です。また市場規模と合わせて推移動向を調べる必要があります。例えば、たまたま調査した時は市場規模が小さくても、のちに大きくなりうることも十分考えられますので推移も知らなければ意味がありません。このようなサービスは、自社では行うことができない可能性が高く、やはり業者に任せることが重要になるでしょう。確かにお金はかかりますが、海外で得た情報はその分だけ売り上げに貢献してくれるでしょう。

シェアを知ることで自社の立ち位置がわかる

海外調査をするもう一つの意味は、市場がある程度大きくても、ライバル会社がどの程度の力を持っているかを知らなければなりません。普通に考えれば、市場規模が大きいのにライバル会社がいないことはあり得ません。ほかの業者も市場規模を調べているため、そこにライバル会社があるのは当然です。このライバル会社がはたして自分の会社と比べた時にどの程度の規模を持っているかを知っておく必要があります。例えば、自分の会社が一番であれば、そのまま価格競争してほかの業者を突き放すこともできますが、ほかの業者の方が圧倒的にシェアしていれば価格競争をしたところで消耗戦になり体力を奪われてしまいます。もし自分の業者がライバル会社よりも規模が小さければオリジナリティーを出して商品を販売していくことでビジネスチャンスを発掘することにつながるでしょう。