海外調査

海外調査をターゲッティングに役立てる

海外でビジネスをするときや、海外にインターネットの通販を利用して商品を販売する場合には、事前に十分な調査をしておくことが重要になります。これを海外調査といいますが、わざわざこのような調査を徹底して行う理由は、日本と外国は基本的に文化が違うためです。日本人の感覚で商売を始めても、うまくいかない可能性があるでしょう。そこで、本格的に海外の市場を調査する必要がありますが、これを個人単位で行うのは非常に困難をきわめます。たとえ会社単位で行ったとしても、よほど大きな会社でない限りコストが高く結果的に赤字になる可能性も少なくありません。それだけハードルが高いのが海外における調査になりますが、もし本格的に調査したいのであれば、専門的な業者に依頼することが重要になります。

文化の壁を越えていくために必要なこと

日本国内にいると、日本人の考えていることや売れる商品が常識になりますが、それが海外で通用するかといえばそのようなことはありません。海外には海外の常識があり、向こうの常識は日本にとって非常識になるため、国内で流行っているサービスや商品を提供してうまくいくとは限らないでしょう。海外調査が必要になる場合、探偵などに頼む人もいますが、海外で通用する語学力がなければそもそも調査をしても表面的なことしか分りません。もし探偵に頼むとすれば、海外の言葉がよくわかり、外国に精通している探偵がいる会社を選びましょう。そうすることで、結果的に商品やサービスを提供するターゲッティング明確になるでしょう。商売をする上でターゲットが明確にならなければ、一点集中することができず、ほかの企業にビジネスで勝つことは難しくなります。

ターゲットを選ぶことの重要性を考える

商売をするにあたり、外国のターゲットの絞り込みは非常に大事になりますが、ターゲットは海外調査をした上でなければ絞り込むことができません。例えば日本の30代の女性に人気のある化粧品を海外に持っていった場合、海外では30代ではなく50代に人気がある可能性もあります。もし、海外で宣伝をするときに30代の女性タレントを使ってコマーシャルを流したとしても、50代からすればあまりピンとこないため売れない可能性があります。このように考えれば、いかにターゲットを明確にすることが重要であるか理解できるでしょう。海外調査をする場合にはそれなりのお金はかかりますが、最低でも50万円ぐらいはかかると考えておいた方がよいです。より細かい部分を調査する場合は、100万円以上かかることも珍しくありません。