海外調査

海外調査を依頼できる代行会社選び

海外でビジネスを行うときには、しっかりとした市場調査を行うことが重要になります。海外で行う市場調査は海外調査と言われていますが、日本の企業が日本国内で調査をするのとは異なり、気軽にできるものではありません。日本国内でビジネスをする場合であれば、データを取るのも簡単になれるうえに、実際に歩いて調査することも不可能ではありません。ですが、場所が海外であれば簡単に現地に行って話しを聞いてくるといったこともできないでしょう。ですが、もし調査をすることができればたくさんのメリットがあります。当然ながら売り上げを伸ばすこともできますが、日本と比較したときにどのような問題点がありどのようなメリットがあるかも判断することができるようになり、うまくいけばそのまま海外で大成功を収めることもできるでしょう。

シェアや市場規模を調べることが中心になる

海外で調査をする場合にはどのような内容のものを行うかは、おおよそ決まっているものです。海外調査の一つには、市場規模を調べてどのように数字が推移しているかを調べあげることは簡単になるでしょう。市場規模は時間の経過とともに少しずつ変化をしていきます。今までの市場規模がどのようなものであったかを調べることで、そのビジネスが成長期なのかそれとも衰退期なのかはっきりとわかるでしょう。もう一つは、シェアを調べることが重要になりますが、例えば海外で冷蔵庫を販売する場合、海外ではどの業者がどれぐらいのシェアを誇っているかがわかれば、自社と比べてどちらが有利に商売をすることができるかがわかるでしょう。もし、自社の方が規模的に大きければ市場を引っ張っていくだけの力がありますので、あえて価格で勝負する選択肢も考えられます。

代行業者選びはどのようにしたらよいか

海外調査を行い、その結果を知ることでより現地の需要に合った商品を送り込むことができますが、そもそもどのような業者に調査をお願いするかによってもその質が変わってくるでしょう。あまり実績がない業者に任せてしまうと、表面的なしか出てこないことは多く、高いお金を払って調べた意味がなくなります。これに対して、十分な実績がある業者を調べると表面的なだけでなく、それ以外の部分での情報も入ってくるため対策が立てやすくなります。代行会社選びをする場合、料金も重要になるでしょう。料金は安い方がよいですが、あまり安すぎると信頼できないデータの可能性もあります。正確なデータをとるためには、海外に支社があるか、あるいは海外の業者で請け負いをしてくれるところがあれば問題ないでしょう。