海外調査

海外調査を依頼できる代行会社選び

海外でビジネスを行うときには、しっかりとした市場調査を行うことが重要になります。海外で行う市場調査は海外調査と言われていますが、日本の企業が日本国内で調査をするのとは異なり、気軽にできるものではありません。日本国内でビジネスをする場合であれば、データを取るのも簡単になれるうえに、実際に歩いて調査することも不可能ではありません。ですが、場所が海外であれば簡単に現地に行って話しを聞いてくるといったこともできないでしょう。ですが、もし調査をすることができればたくさんのメリットがあります。当然ながら売り上げを伸ばすこともできますが、日本と比較したときにどのような問題点がありどのようなメリットがあるかも判断することができるようになり、うまくいけばそのまま海外で大成功を収めることもできるでしょう。

シェアや市場規模を調べることが中心になる

海外で調査をする場合にはどのような内容のものを行うかは、おおよそ決まっているものです。海外調査の一つには、市場規模を調べてどのように数字が推移しているかを調べあげることは簡単になるでしょう。市場規模は時間の経過とともに少しずつ変化をしていきます。今までの市場規模がどのようなものであったかを調べることで、そのビジネスが成長期なのかそれとも衰退期なのかはっきりとわかるでしょう。もう一つは、シェアを調べることが重要になりますが、例えば海外で冷蔵庫を販売する場合、海外ではどの業者がどれぐらいのシェアを誇っているかがわかれば、自社と比べてどちらが有利に商売をすることができるかがわかるでしょう。もし、自社の方が規模的に大きければ市場を引っ張っていくだけの力がありますので、あえて価格で勝負する選択肢も考えられます。

代行業者選びはどのようにしたらよいか

海外調査を行い、その結果を知ることでより現地の需要に合った商品を送り込むことができますが、そもそもどのような業者に調査をお願いするかによってもその質が変わってくるでしょう。あまり実績がない業者に任せてしまうと、表面的なしか出てこないことは多く、高いお金を払って調べた意味がなくなります。これに対して、十分な実績がある業者を調べると表面的なだけでなく、それ以外の部分での情報も入ってくるため対策が立てやすくなります。代行会社選びをする場合、料金も重要になるでしょう。料金は安い方がよいですが、あまり安すぎると信頼できないデータの可能性もあります。正確なデータをとるためには、海外に支社があるか、あるいは海外の業者で請け負いをしてくれるところがあれば問題ないでしょう。

海外調査

海外調査で新たなビジネスチャンスを発掘

日本国内でビジネスをするのと異なり、海外ビジネスをしようと考えている場合は、日本との風土の違いや文化の違いを考えなければなりません。日本でヒット商品があったとしてもそれを海外に持ち込んで売れる保証はありません。そのため、海外で商品を販売したいのであれば、事前に海外調査を行っておく必要があります。海外の市場調査は、専用の業者にお願いをして行うことで、より魅力的な調査をしてくれる可能性が高いでしょう。海外調査を行える業者の特徴は、その国の言葉をしゃべる人とつながっており、しっかりとした実績があることです。少なくともその国のことをよく知っている人でなければ国の実態を知ることはできませんし、実績がなければ本当にしっかりとした調査をしてくれるか不安でしょう。

同様なことを調べることが可能なのか

海外調査と一言に行っても、どのようなことを調べてくれるのかは業者によって異なるところですが、おおむね似たような内容になるでしょう。まず一つ目は、これから販売しようとしている商品の市場規模を調べていきます。市場規模が小さければ、当然ながら販売数も多く見込めませんので、市場規模の大きなところに変更することが必要です。また市場規模と合わせて推移動向を調べる必要があります。例えば、たまたま調査した時は市場規模が小さくても、のちに大きくなりうることも十分考えられますので推移も知らなければ意味がありません。このようなサービスは、自社では行うことができない可能性が高く、やはり業者に任せることが重要になるでしょう。確かにお金はかかりますが、海外で得た情報はその分だけ売り上げに貢献してくれるでしょう。

シェアを知ることで自社の立ち位置がわかる

海外調査をするもう一つの意味は、市場がある程度大きくても、ライバル会社がどの程度の力を持っているかを知らなければなりません。普通に考えれば、市場規模が大きいのにライバル会社がいないことはあり得ません。ほかの業者も市場規模を調べているため、そこにライバル会社があるのは当然です。このライバル会社がはたして自分の会社と比べた時にどの程度の規模を持っているかを知っておく必要があります。例えば、自分の会社が一番であれば、そのまま価格競争してほかの業者を突き放すこともできますが、ほかの業者の方が圧倒的にシェアしていれば価格競争をしたところで消耗戦になり体力を奪われてしまいます。もし自分の業者がライバル会社よりも規模が小さければオリジナリティーを出して商品を販売していくことでビジネスチャンスを発掘することにつながるでしょう。

海外調査

海外調査をターゲッティングに役立てる

海外でビジネスをするときや、海外にインターネットの通販を利用して商品を販売する場合には、事前に十分な調査をしておくことが重要になります。これを海外調査といいますが、わざわざこのような調査を徹底して行う理由は、日本と外国は基本的に文化が違うためです。日本人の感覚で商売を始めても、うまくいかない可能性があるでしょう。そこで、本格的に海外の市場を調査する必要がありますが、これを個人単位で行うのは非常に困難をきわめます。たとえ会社単位で行ったとしても、よほど大きな会社でない限りコストが高く結果的に赤字になる可能性も少なくありません。それだけハードルが高いのが海外における調査になりますが、もし本格的に調査したいのであれば、専門的な業者に依頼することが重要になります。

文化の壁を越えていくために必要なこと

日本国内にいると、日本人の考えていることや売れる商品が常識になりますが、それが海外で通用するかといえばそのようなことはありません。海外には海外の常識があり、向こうの常識は日本にとって非常識になるため、国内で流行っているサービスや商品を提供してうまくいくとは限らないでしょう。海外調査が必要になる場合、探偵などに頼む人もいますが、海外で通用する語学力がなければそもそも調査をしても表面的なことしか分りません。もし探偵に頼むとすれば、海外の言葉がよくわかり、外国に精通している探偵がいる会社を選びましょう。そうすることで、結果的に商品やサービスを提供するターゲッティング明確になるでしょう。商売をする上でターゲットが明確にならなければ、一点集中することができず、ほかの企業にビジネスで勝つことは難しくなります。

ターゲットを選ぶことの重要性を考える

商売をするにあたり、外国のターゲットの絞り込みは非常に大事になりますが、ターゲットは海外調査をした上でなければ絞り込むことができません。例えば日本の30代の女性に人気のある化粧品を海外に持っていった場合、海外では30代ではなく50代に人気がある可能性もあります。もし、海外で宣伝をするときに30代の女性タレントを使ってコマーシャルを流したとしても、50代からすればあまりピンとこないため売れない可能性があります。このように考えれば、いかにターゲットを明確にすることが重要であるか理解できるでしょう。海外調査をする場合にはそれなりのお金はかかりますが、最低でも50万円ぐらいはかかると考えておいた方がよいです。より細かい部分を調査する場合は、100万円以上かかることも珍しくありません。

海外調査

海外調査で世界のニーズを把握する

日本では今、高齢化と少子化が同時に進行しています。今後は緩やかに人口が減少していくのは既定路線と言っても過言ではありません。そのような状況の中て各企業が考えなければならないことは、人口減少に伴う市場規模の縮小への対応ではないでしょうか。今後は海外市場へ目を向けていかなければなりません。その時に重要なのは海外市場においてどのようなニーズがあるのかということを海外調査で把握しておくことです。生活環境や風習が異なる国をターゲットにしてモノを作り売っていく時に、日本の考え方や常識は通用しません。日本で成功した商品と同じものを日本と同じような手法で販売したとしても成功する確率はおそらく低いでしょう。成功するためには海外市場を調査・分析して、その国にあった商品や販売方法を検討することが必要になります。

海外調査で世界のニーズを把握するメリット

海外市場に進出して勝ち残っていくためには、ターゲットとなる国に自社商品が受け入れられるのかを把握することが大切です。そもそもニーズが存在しなければ市場として成り立ちませんし、競合商品があった時は、なぜその商品が売れているのか理由を分析して差別化を図らなければなりません。競合他社の価格や性能を分析することで海外進出の課題がわかれば、商品仕様をチェンジしたり生産コストを見直して価格に反映することで現地のニーズに合った商品を提供することができます。もしもニーズがなかったとしても、ニーズを作り出すことができる背景があれば海外進出の道が開けてきます。ですから、ターゲット国の風土や宗教、商習慣などの内情を理解し、その国にあった戦略をたてることが海外進出で成功するための鍵となります。

海外調査で現状と将来のニーズを把握する

既に海外進出している場合は、このまま事業を継続するべきか撤退するべきかを判断しなければならないこともあります。競合他社に後れをとっている時はもちろん、将来の市場規模の予測もたてなければなりません。ですから、ターゲット国のマーケティングリサーチは進出後でも継続していくことが大切です。平和な日本と違い、海外の国は常に紛争が起こる危険を孕んでいます。今あるニーズが未来永劫続くとは限りません。進出国の外資法規制や製造・販売規制などにも対応していかなければなりません。変化する状況に対して柔軟に対応するためには、それらの流動的な要素を常に把握し、戦略の中に組み込んでいくことが必要です。そのためには海外調査に精通している調査会社にリサーチを継続して依頼したほうが的確なアドバイスを得られるでしょう。

海外調査

世界を視野に入れた会社運営をするなら海外調査を依頼しよう

日本の人口は今後どんどん減少していくと予想されています。物を販売するビジネスにしても、飲食にしても、サービス業にしても、人口が減少していく場所においてはビジネスを継続していくことはもちろん、販路を拡大していくことも難しくなってきます。そうなると、必然的に日本のみならず海外へ進出をすべきかどうか、販路を拡大出来るかどうかビジネスモデルを考える必要があります。しかし、海外進出は日本国内に新しい店舗を開店させるよりもずっとハードルが高くなってきます。市場調査は国内の市場調査よりも分析が難しくなりますし、海外展開先の法令も熟知していないといけません。事業規模の小さな企業ほど、海外展開出来るかどうか判別が難しい上に、会社規模が小さければ失敗も許されません。

海外調査をすることで、不安要素を取り除く

どのようなビジネスにしろ、新しいことを始める際には不安要因がついて回ります。飲食店にとっては、固定客が付いてくれるかどうか、海外でも日本の店舗の味や営業差いるが受け入れられるかどうか、物販店にしても日本の製品が海外で受け入れられるかどうかの保証が最初からある訳ではありません。そこで、不安な要素をなるべく取り払うためにも、海外調査を行うことは有効です。調査には、市場調査や、海外での法令調査など実際に事業を展開する前に行っておかなければならない調査も多いものです。実際に調査をしていく中で、思いもよらないハードルが出て来るかもしれません。調査前には予想していなかった事態に備えるためにも、事業の海外展開よりも早い段階から海外調査を行っておくようにしましょう。

調査結果から海外の視点を経営に取り入れる

海外調査は国外へ目を向けるばかりが目的ではありません。実は自社のブランド価値に気がついていない企業にとっては、調査結果から自社のブランドを再発見することもあります。特に国内でしか事業展開をしてこなかった企業にとっては、どのように売り込んでいけば良いかも分からない場合があるでしょう。海外に拠点がある調査会社であったり、そもそも外資系の調査会社に調査を依頼すると、自社の社内調査では見えてこなかった結果が出て来ることがあります。また、これから海外へ進出していこうという企業にとって、現地の文化や習慣、法律や競合他社に詳しい調査会社はアドバイザーとして頼もしいものです。調査会を選定する際には、これまでの調査実績はもちろんのこと、海外展開をイメージしている国や地域に精通している調査会社を選定することをおすすめします。